対人恐怖症?克服訓練中

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
社会人になってずっと営業畑を歩んできましたのですが、鬱病になってからというもの、人とスムーズに話すことが苦手になってしまい、最早コンプレックスになりつつあります。

具体的には、名刺交換などの際、笑顔になれず、ムリをして笑顔を作ろうとしても、顔がピクピク引きつってしまったり、人と話をしている中で目を見て話せなくなってしまったり、手の震えがあったり、会話を続けられなくなってしまったりという以前からは考えられないような症状があるのです。

これがですね、過去の自分からは想像だにできないことでして、実に情けないやら、恥ずかしいやらでどうしようもないのです。ですからできるだけ見知らぬ人には会わないよう、会ってもミスをしないよう、注意深く接し、できるだけ人の機嫌を損なわない程度に避けるようにしていました。

しかし、ようやくこれを何とかしたいと思い始め、主治医に克服方法を尋ねたところ、「その反応は心や身体の自然な感情や表現なのだから、無理に排除しようとするのではなく、そのまま自然にしておく、あるがままにしておく態度を養うようになさい」と言われました。

要は「気にしないで、人といっぱい会って練習しろ」というワケです。「アドバイスになってね~!」と思うのですが、この手の症状の対処法をネットで調べてもなかなか具体的な体験記みたいのは見つかりません。(それを売ろうというサイトはいくつも見つかるのですが・・・)
 

とりあえず現状を打破する手段として、少しでも興味を持ったことには、勇気を振り絞って、飛び込んでみようと仕事・プライベート問わず、アチコチに顔を出すようにしています。が、これはなかなか難しくて上手いこと軌道に乗せられず悪戦苦闘中です。どなたか、こういった対人恐怖症に近い症状を克服するハックをご存じのかたは、是非とも教えていただけたら幸いです!

5 コメント:

Ryoji さんのコメント...

私は鬱病ではないので、参考になるかどうかは分かりませんが…。
現状を打破する手段として、結論から言うと

『開き直る』
『自分自身を受け入れる』
『この人は大丈夫だと思い込む』 かなぁ、と。

全然、ライフハック的回答じゃないですがw

私自身聴覚障害持ちでして、対人恐怖症に近いものを感じたことはあります。
いつ話しかけられるか心配で、対人関係が臆病でした。話の内容が完全に聞き取れずに相手の言ったことを聞き返してしまう事が申し訳なく感じ、できるだけ悪い印象を与えないように態度に注意して、笑顔を絶やさないようにしていました。
しかし、1対1であればいいのですが、コミュニケーションチャネルが増えるとどうしても聞き返してしまうことはある訳で、そこからできるだけ人と会うことは避けたい、とも思ったことがあります。
(仕事となるとそういう訳にもいかず、筆談や静かな場所で話すなどして対応していましたが)

現状を打破したきっかけは、笑ったフリをするのに疲れ、もう適当でいいや!聞こえないんだからしゃーない!少しくらいワガママでもいいぢゃない!と開き直るようになってからです。
自分が創り上げた不安に恐れることをやめ、相手には自分はこうなんだよと伝えることにしました。
結果、人と話すことを避けることもなくなりましたし、不安も苦痛もあまり感じなくなりました。
まだ不自由はありますが、それでも人と話すのは楽しいですし、話すことで刺激を楽しめるようにもなりました。

長文失礼しました。

匿名 さんのコメント...

はじめまして。私も子供のころからずっと対人恐怖症の気があったのですが、今は克服しています。
俺は一人で海外旅行に行くことをお勧めします。ツアーなど使わず、自分ですべて計画、手配します。
それも、発展途上的なところに行ってみてください。
もう自分だけが頼りです。恥ずかしいなどと言ってられません。困ったら生きて帰るために迷わず人に聞かなければなりません。
それと海外の人の心は温かいので、そういう触れあいでも自分の心が溶かされていきます。
ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

Shinya さんのコメント...

初めての人に会ったら、まずよく観察して、その人の素敵だなと思うところを1つ探して下さい。服でも、髪型でも、笑顔でも、その人の肩書きなどではない、パーソナリティーから醸し出される何かを一つ見つけ、名刺交換の時にそっと「~さんは、笑顔が素敵ですね」とか「~さんはセンスがいいですね」とか「そのネクタイカッコいいですね。どこで買われたんですか?」とか、最初はちょっと勇気いるけど、頑張ってそっと言ってみて下さい。相手は決して怒らないです。びっくりするかも知れませんが、笑顔になります。相手が笑顔になると、自分も自然な笑顔になれます。もうその人は怖くなくなります。

澤村佑樹 さんのコメント...

初めまして。澤村と申します。

すごいですね!
ご自身で、興味がありそうなものに飛び込むようにしているというのがすごいです。
私は苦手なほうでしたので…(汗)

前の方のコメントにもありますし、主治医の方の話とも共通するのですが、
『開き直る』
っていうのは大事ですよ。

人と話をすることに緊張する、不安になるっていうのは、往々にして『自分が変に思われたらどうしよう』とか『バカにされたらどうしよう』といったことがあるからだと思います。

例えば、家族と話をするときって緊張しませんよね?

だから『変に思われたって、別に死ぬわけじゃないし』と開き直ると楽になりますよ。

相手の目が見れないなら、鼻の辺りを見ると多少楽になりますね。

あとは…営業の場面がどういうシチュエーションかわかりませんが、例えば手が震えたときにはそれを隠そうとしたり抑えようとするのではなく、むしろ「いやー、緊張しちゃって手が震えちゃいます(笑)」なんて認めてしまうほうが、治まるのは早いです。

参考にしてみて下さいませ~。

Kazumoto さんのコメント...

Ryojiさん、匿名さん、Shinyaさん、澤村さん、アドバイスありがとうございます。

早速名古屋遠征して場慣れする特訓コースを受けてきました(笑)

もうちょっと開き直って冷や汗かきながら場慣れしていこうと思います。

また何か秘訣が見つかったら教えて下さい!!