「こうはなりたくない!」という目標

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
お気づきの方はお気づきだと思いますが、ブログのデザインを大幅に変更しました。この間の手帳オフの席で、「デザインは重要だよ」と@mehoriさんから助言をいただいたので、今の私にできる範囲で変更してみました。「自分自身の脚元をちゃんと見つめたい」という思いを込めて「脚」の写真を使ったんですが、ここでフッと気づいたことがありました。(あ、洒落じゃないですよww)先般のエントリーで、私は「夢や目標や希望や欲が希薄な人間」です。と書きました。今でも「こうなりたい!」「こういうことを成し遂げたい!」という欲みたいなものが希薄であることに違いはないのですが、どうやらこの「欲」というのは少し視点を変えることもできそうだと思ったのです。

夢や目標や希望、ミッション・ステートメントというと、ポジティブに登る山を決め、頂上を目指し迷い無く登るアプローチで、登りたい山、至りたい頂上が見えない、見つけられないもしくはわからない、私みたいな者にはとても難しいと決め込んでいたのですが、そうではなくて「こうはなりたくない」「こういう大人にはならない」といった方向から生じる「欲」、ネガティブな想いにあえてスポットライトを当てることで、登る山を選択するというアプローチもあるのではないかと思ったのです。

こういうアプローチであれば、私にも幾つかの指針がありました。

「身だしなみには常に気を配る」
→身だしなみの汚い大人はどうも尊敬できない
「粗野な振る舞いは慎む」
→粗暴で粗野な振る舞いの人はどうも尊敬できない
「身の回りの整理整頓を心がける」
→乱雑な生活、乱雑なデスクの人に仕事は任せられない
「自分のことは自分でできるようにする」
→家内に任せっぱなしのような人間にはなりたくない
「嘘をつかない」
→嘘をつかなければならない人間にはなりたくない

等などです。

「こうはなりたくない」からそうはならないように努力しようという『目標』の有り方も成り立つのではないのでしょうか?至極当たり前のことかもしれませんが、トップダウン型の書籍でも、ボトムアップ型の書籍でも、あまりこうしたアプローチは見かけないように思います。私が読み落としているだけかもしれませんが。

だとすると、「今の若い人がふてくされて反抗したくなる気持ちも良く分かる」と先般のエントリーで書きましたが、何も「環境破壊をオレが止める!」とか「核廃絶をオレが成し遂げる!」「日本経済を立て直す!」とか大上段に構えたものだけがミッション・ステートメントではないと捉えたほうが、多少なりとも伸び代のある思考と言えそうです。

「今ふてくされる気分にさせる大人たちのようにはならない」「今反抗したくなる大人たちのようにはならない」、『だから自分はこういう人間になるんだ』と決めたなら、十分にミッション・ステートメントになりえるでしょうし、身近に目標となる人間がいないのであれば、その目標にできないと思う人には一体何が足りないのか、何の要因がその人に魅力を感じさせないようにしているのか研究し、自分が他者からそう思われず、目標とされる人間になることを『目標』とする目標の決め方もありだと思ったのですが、いかがでしょうか?やはりどこかセンチメンタルすぎますかね?

私たちは何故か人の粗を探すのは得意な生き物のようですから、「こうはなりたくない」という人なら、いっぱい目に入るはずです。そうであれば、その逆を行くには今何をすべきなのか、自分はどう在ったら良いのかを考えるきっかけは沢山あることになります。私も残念ながら「目標としたくない人」の心当たりは数人います。彼らを反面教師にして、その逆に行くことを具体的にイメージしてそれを目標に、今、進められる一歩を着実に進めていきたいと思います。

2 コメント:

haTsh さんのコメント...

普段、結構意識している事が書かれていました。確かに「こうはなりたくない!」という人はいますよね。子供の頃に言われた「自分がされて嫌だと思う事は、人にやったら駄目だよ」というのに通じるものがあります。

「人の振り見て我が振り直せ」。故事は残ってるだけの事はありますね。

僕の場合、ネガティブスポットだと人の嫌な部分ばかりに目がいきがちになり、イライラすることがあるので、そこは気をつけてます。といってもなかなか難しいです。

kazumotoさんはそんな事はありませんか?

Kazumoto さんのコメント...

コメントありがとうございます!
故事はやはり正しいものですね。と同時に何と忘れやすいものかとも思います。

病気になってからはデパートとかにも長時間居られない有様なので、とにかく人の集まる所には、興味が無い限り出来るだけ行かないようにしてます。

興味があれば、興味の対象だけに目が向くので、イラッとすることは少ないように感じています。次の日は休息日にしてますしね(笑)

私は基本的に超短気なので、余計ですね。とかく喧嘩っ早いので、ホント注意してます。今のところ距離を取るか、目に付かないように工夫するかしか手がない状況です。